成約率の高いランディングページは見込客の反応率が高い!

自社製品を販売したり、サービスを提供したい時などに利用されるのが、1ページ型のWEBサイトのランディングページです。このWEBサイトの特徴は、紹介する商品やサービスなどに興味を持っている見込客に対して、その概要や魅力を訴えかけ、最終的には注文・申し込みをしてもらうことを目的に制作されます。たった1ページのWEBサイトですが、その効果はとても大きく、いかに見込客を獲得できるランディングページが制作できるかが成約率につながるのです。では、高い成約率を維持できるランディングページとは、一体どのような工夫がされているのでしょうか?

【成約率の高さは見込客の反応率の高さにかかっている!】
ランディングページを制作するとなった場合、紹介する側は商品(サービス)の魅力を余すことなく訴えたくなりますが、ただ単に特徴や魅力を文章で長々と伝えても、見込客にはほとんど伝わりません。このようなWEBサイトの反応率はほとんど無いと言っても良いでしょう。
ランディングページを制作するからには、成約率(見込客が注文して顧客となる確率)を上げる必要があります。成約率は、「成約数÷アクセス数×100」で表すことができます。
しかし、成約までに至るには、このWEBサイトに訪れてもらい興味を示してもらう必要があります。これを反応率といいます。反応率が高いほど、見込客はその商品などに興味を持っていることになり、ページの最後までどんどん読み進めてくれます。そして、ページを読み終えた時には「注文したい!」という気持ちにさせることが大切なのです。

【なぜ成約率の高さがポイントになるのか?】
成約率が高ければ高いほど、成約数は上がっていきます。成約数が上がるということは、それだけ売上が上がるわけですから企業の収益も上がるわけです。
例えば、月間のアクセス数が10,000件あり、そのうち成約率が0.1%だったとすると、成約数は、10000×0.001=10 でわずか10件となります。しかし、成約率が1.0%になると成約数は、10000×0.01=100 で100件となり、10倍になります。商品1つの価格が10,000円だとすると、月間の売上には90万円もの差ができることになります。
見込客に自社のランディングページを知ってもらうためには、それなりに宣伝もしなくてはなりません。そのためには広告費が必要となりますが、売上が上がれば広告費にも経費をまわすことができるため、より長く宣伝することが可能となります。

【反応率の高いランディングページを制作するには】
成約率の高いランディングページにするためには、見込客の反応率が高くないといけません。成約率は最終結果であるため、そのスタートラインは見込客に興味を持たせることです。
人間は初めて会った人に対して、2秒~3秒でその第一印象を決めてしまうところがあります。ランディングページにも同様のことが言え、検索してWEBサイトに切り替わった数秒間でそのサイトの印象を決めてしまいます。そのため、WEBサイトの第一印象に魅力を感じないとスルーされてしまう可能性があります。特に類似商品が多い場合には、他社に見込客を取られてしまう確率が高くなります。このようなことにならないためにも、最初の見た目(ファーストビュー)にこだわったランディングページにすることがポイントとなります。
ファーストビューを重視したページにするには、最初の3秒で見込客の心を掴み、次の1秒で魅力を伝えるような構成にします。そのため必要な工夫は、①デザインの最適化、②一瞬でも心を掴めるサブコピー、③不要な情報の削除などです。

結果が出るホームページと制作事例
成約率が上がり結果につながるランディングページにするには、ファーストビューで見込み客の反応率をアップさせ、最終段階へと導く構成を作り上げることが大切です。実際に6つのポイントを抑えた構成にしたことで、以前よりも成約率を30%アップさせた事例もあります。
成約率30%アップのランディングページの作り方をご紹介します。
①他社製品を徹底リサーチ:同業の他社商品がある場合には、実際に購入してあらゆる角度からリサーチします。そして、ターゲットとする見込客を明確にし、ニーズをまとめます。
②見込客の立場で検索ストーリーを考える:見込客がどうしてこのWEBサイトを訪問したかを考えながら、検索に至るまでのストーリーを作ってみましょう。そうすることで、自然とターゲットを絞ることができます。
③コピーライティングの構成:見込客のニーズをピックアップし、そこから心を惹きつけるようなキャッチコピーを考えます。キャッチコピーには、それを細くする効果のあるサブコピーも付け加えましょう。
商品説明へと導くリードコピーでは、この短文でランディングページの内容を理解できるようなものがおすすめです。内容となるボディコピーは商品の説明をするのですが、長々と説明を載せてもユーザーはほとんど読みません。ですので、ここでは「あなた」という言葉を使っておすすめする内容にしましょう。
④最適なサイズで見やすいデザインにする:横幅980px縦幅500~600pxのサイズで、デザインはコピーを引き立てるような構成にします。また、最後には注文に導く購入・問い合わせボタンは目立つように大きく載せましょう