ランディングページに使う場合の背景色

ランディングページの背景色は色彩心理的に与える種類が色別に違います。例えば暖色系では赤系の色の場合行動力や興奮や生命力といった感情的興奮を与えるので購買意欲をかき立てる色とされています。そこでバーゲンセール広告等によく多用される色の種類です。オレンジ系列の場合親しみや幸福感や活気の色とされます。消化や新陳代謝をよくする作用があるためを食欲を増進させる効果を狙い食品系列で使われます。暖色系の中でもやわらかい温もりを感じる色ですが安っぽいイメージにもなるので注意が必要です。黄色の場合は明るいこと希望やにぎやかさの色です。運動神経を活性化させて脳の活性化がよくなり頭の回転が早くなり集中力がアップすることが期待できます。注意をうながす色としも効果があります。一方寒色系列のランディングページの背景色では青は誠実や爽快感や冷静さの色です。赤と逆の側面があるので鎮静作用があり精神を落ち着かせる効果があります。爽やかさと知的な印象を感じさせることも特徴です。

他の系列はピンクは思いやりや幸せや恋愛の色です。心と体を若返らせる効果があり女性向けの色です。緑は癒しや安全や平和の色認識です。リラックスさせてくれる効果がある自然の色の代表です。よって心を穏やかにさせてくれます。紫は高級感や神秘的なところや癒しの色です。集中力アップや潜在能力に気づかせてくれる色でもあり創造力をかりたてたり感受性を高める効果があります。茶色は安定や堅実や温もりの色です。大地の色を連想させ私たちの暮らしに溶け込んでいる色であり伝統や文化のランディングページにあった色です。黒力強さや高級感やかっこよさの色でどんな色とも合います。グレーは上品や落ち着きや安心感があり薄いグレーはくWEBページの背景として活用されがちです。白は清潔や純粋や信頼感の色で他の主張を邪魔せずほかのイメージを上手く取り入れてくれる色です。

健康食品のホームページと作成実績を上げる方法としてとして使用する色や背景色の選択の仕方によって購入具合に当たるコンバージョン率が飛躍的に変わる点が挙げられます。例えば多くの通販会社は赤色が目立つ色と考え申込アイコンを赤色にする傾向です。ですが健康食品商材では緑色の方が赤色の約二倍というコンバージョン率の結果が出たというデータがあります。また利用者にとってネットの広告系は読むというより見るものとなっているので強調したい言葉には赤文字黄色背景のマーカーを入れると流し読みしても伝えたいことが伝わるので有効な方法です。