ランディングページで重要な配置と運用について

化粧品のホームページと制作事例を見てみると、デザインが成果に大きく影響を与えると言われています。
つまり、化粧品とマッチしていないデザインのランディングページを制作してしまうと、成果が上がらないという事です。
その為、どのようなデザインが化粧品にマッチしているのかを、常に意識した状態でランディングページを制作する事が重要となります。
勿論、制作した当初はどのようなデザインがマッチするのか、具体的にわからない事が多いでしょう。
そこで、何度も修正を繰り返しながら運用を行っていく事で、最も化粧品とマッチするデザインを見つけ出すのが重要です。
ランディングページを制作したらそれで終了と考えるのではなく、制作後の運用にも力を入れるようにしましょう。

運用を行う上で、必ずチェックしたいのがランディングページの配置です。
この配置が間違っていると、成果が上がりにくくなってしまいます。
そこで制作後に今一度、ユーザーにとってわかりやすい配置となっているかを、チェックするようにしましょう。
そもそもランディングページは、ファーストビュー、ボディ、クロージングという要素で構成されています。
ファーストビューは、ユーザーに対して求めている情報がある事をわかりやす伝える部分です。
ボディは、商品やサービスがユーザーにとって、どのようなメリットをもたらすのかを伝える部分です。
クロージングは、このタイミングで申し込む事が何故重要なのかを伝える部分です。
こうした構成が基本であり、この基本をまずはきちんと押さえているかどうかを、運用の際には今一度チェックしましょう。

また、基本を押さえていても、それぞれの部分でユーザーの気持ちを掴む事が出来ていなければ、成果は上がりません。
ファーストビューでは、キャッチコピーが目を惹くか、アクションを起こしやすいボタンがわかりやすい場所に配置されているかなどが、重要になります。
ボディでは、メリットを裏付ける情報を掲載出来ているか、利用者の声のような客観的な情報を届けているかといった事が、求められます。
クロージングでは、緊急性や希少性といった、このタイミングで申し込むべき理由付けを行えているかどうかが、成果を左右します。
このようにランディングページを制作した後は、内容をチェックし、修正点を見つけたら改善するといった流れで、運用して行きましょう。
こうして運用して行けば、より成果の上がるランディングページに成長していく事間違いありません。