費用をかけずに行うランディングページの運用

ランディングページの制作を専門業者に依頼したものの、成果が上がらないと悩んでいる会社もあるようです。
こうした会社で行うべきは、ランディングページの運用です。
運用次第で、成果が上がるランディングページに改善する事は可能です。
制作を専門業者に依頼したものの、運用は自社で行っているという会社も多い事でしょう。
こうした会社であれば、費用をかけずに自社で運用、改善を行う事が出来ます。
もし運用も専門業者に依頼しているというのであれば、多少費用はかかりますが、これから紹介する運用に取り組んでもらいましょう。
そうすれば、成果が上がるランディングページに改善する事が出来るでしょう。

まず挙げられるのは、エントリーフォームの最適化です。
エントリーフォームの最適化とは、ユーザーが入力フォームで離脱する事を出来るだけ抑えるものです。
入力が必須となっている項目を減らす、名前を入力したらフリガナが自動入力されるようにするといった事も、エントリーフォームの最適化の一例です。
こうしたエントリーフォームの最適化を行う際に注意すべきは、ターゲットの年齢層です。
もし、ターゲットの年齢層が60代以上であれば、入力項目を減らすと同時に、フォントのサイズを大きめに変更してみましょう。
これだけで、ターゲットに適したエントリーフォームの最適化に繋がるとあって、成果が上がりやすいランディングページに改善する事が出来ます。

また、エントリーフォームそのものの最適化だけでなく、エントリーフォームへと至るボタンも、最適化を行いましょう。
せっかく充実した内容のランディングページを制作しているにも関わらず、エントリーフォームへと至るボタンがわかりにくい為、成果が上がらないといったケースは、珍しい事ではありません。
そこで、ボタンを立体化する、カラーをより目立つものに変更するといった改善も、運用の段階で行う事が求められます。
さらに、ファーストビューのキャッチコピーを変更するという運用も、重要です。
2つのキャッチコピーを用意し、それぞれ1週間ずつファーストビューに置いてみましょう。
そして2つのキャッチコピーの1週間の成果を比較すれば、どちらがユーザーのハートを掴むキャッチコピーであるかは、一目瞭然です。
自社でランディングページを修正する事が出来るのであれば、これらの運用はいずれも費用をかけずに行えるものばかりです。
その為、ランディングページで成果が上がらないと嘆く前に、是非これらに取り組んでみましょう。