ランディングページの運用にはヒアリングシートが重要

クライアントのサイト運用を任された場合には、いかに売上を増やすことができるかを問われることになります。その際に重要となるのが、ホームページの運用です。これはサイトで提供する商品やサービスの購入などにつながる大切なページですが、SEO対策もこのランディングページを意識して行うことになります。そこでサイトの運用を行うにあたり、まずはクライアントへのヒアリングをどれほどしっかり行うかが重要なポイントと言えます。サイトではどのような商品やサービスを扱っているのか、その特徴はどのようなものなのかを把握する必要があるからです。その上でサイト内のコンテンツの制作や構築の作業、さらにランディングページの制作と改善などを行うことになります。

そこでまずテンプレートとなるヒアリングシートを作っておくと役立ちます。把握しておくべきポイントをあらかじめまとめておくことにより、聞き漏らしも無くなるというわけです。さらにヒアリングシートから、クライアントがどのような要望を持っているのかを把握することができます。納期はどの程度を望んでいるのか、ランディングページの効果をどのように測定するのかを知っておくというわけです。その上でランディングページをどのような形で制作するのかを計画することができます。例えば早急にサイトを立ち上げるために、ランディングページも早めに納品して欲しいというケースもあります。そのような場合には、前もって用意しておいたテンプレートを利用して制作することになります。その後、サイト内の分析を行って効果を測定し、改善を続ける形で運用するというわけです。

ランディングページの効果を測定する方法としては、まず訪問したユーザーがどのような行動をしているのかデータを取り分析することが挙げられます。これはサイトの滞在時間やランディングページへ至るルートなどを特定することで、どのように情報提供すれば購入につながるのかをい導き出すことにつながります。このようにランディングページは制作して終わりではなく、絶えず効果を測定して課題を見つけ出し、常に改善をすることで売り上げにつながっていきます。クライアントは検索順位や直帰率など様々なデータを参照し注意を払います。けれども結果的に売り上げの増加につながるようにすることが、運用する上で重要な要素と言えます。そのためには運用に必要なノウハウを常に学ぶという姿勢も必要になります。