評価されるランディングページの作り方を覚えよう

ランディングページは、リスティング広告やその他のリンクなどによってユーザーが飛んでくることを前提に作らなくてはいけません。そのため、商品やサービスを求めているユーザーから直接的に評価される大きな意味が存在します。当然ですが、広告やリンクを踏んできたユーザーがランディングページを評価せず、不快感を持ってしまうとその段階で利益につなげることができなくなってしまうため、評価の高いランディングページを作成することはとても重要なことになります。そもそも、なぜ直接その企業のサイトやホームページにユーザーを呼びこまないのでしょうか。これは、近年においてネット上における接客や営業という概念が非常に重要であると考えられてきたからです。例えば、街角に行くと、店舗に存在している店員が、街を歩いている人に対して宣伝活動や勧誘活動を行ったりしています。実際に店舗に入ってきた顧客に対しては自社が提供しているサービスの説明を行い、相手に納得してもらったうえでそのサービスの利用を検討してもらいます。従来までのネット上では、こうした商品やサービスに関する宣伝や営業活動というものが存在していませんでした。その代替として登場したのが、ランディングページという存在です。

ランディングページは、現実世界の顧客に対する宣伝や営業に該当するものであるため、この部分で評価されないということは、その企業が提供する商品やサービスに魅力を感じないと捉えられてしまったことを意味します。ですから、作り方を間違えるとそれだけで企業に対して大きな不利益を与えてしまいます。では、具体的にどのような方法でページを作っていけばよいのでしょうか。単純な方法としては、ターゲット層としているユーザーに対してのみ宣伝や営業を行うことです。ランディングページの最大のメリットは、広告の内容などから入ってくるユーザーに対して直接的に商品やサービスの宣伝を行うことができるからです。求めている層が直接ページに入ってきてくれるので、顧客とすればある程度の期待を持って入ってくることになります。そのため、この層に対してきちんと対策をしておけば、評価の高いページを作ることができます。

ランディングページは、不特定多数のユーザーに対して働きかけるものではありません。ターゲットとしている特定層へ働きかけることが何よりも重要なので、その前提を理解してページを作成していくことがとても大切です。