ランディングページと品質スコアとの関連と利用

ランディングページにインターネット上の利用者が訪れやすくなるとそれだけ売り上げに貢献します。そのポイントとして品質スコアの数値を上げることが方法の一つとされます。ネット利用者がパソコンあるいはスマートフォンなどで検索して内容に関連した広告も表示するケースが多々あります。それにヒットして表示するかどうかが品質スコアに関係があります。品質スコアは1から10まであり10が最高スコアです。ただスコアが10は目指すべきですが現実的にスコアが10になったとしてもランディングページへ繋がるとは限りません。検索で1ページ目に表示される可能性が高まるというだけで。実際には表示に関わるインプレッションやクリックを1度も獲得していないキーワードでさえ品質スコア10を獲得しているケースがあるからです。よって品質スコアが高いからといってランディングページに繋がる保証はありません。

品質スコアを最高スコアにすることにこだわることはランディングページに効果的とは言えません。しかしスコア上げることは利用者がクリックして訪れ購入などをする可能性はグッと高くなります。スコアを利用しつつ効果的に使うならばクリック率があるかといった実際の使用状況といった情報を見ることは重要です。リアルタイムにチェックすればより効果が上がります。それによって今後どうするか方針にどう手を加えることができるので実際として効き目があるかが明確になります。手間はかかりますが効果的な手法です。

健康食品のHPの会社の場合一般的なものよりシビアです。健康食品業界におけるリスティング広告運用は実際に非常に困難です。しかも競合他社も多いため広告文やランディングページなどでの訴求も難しい分野というのが定説です。よって運用させるための手間がかかるジャンルです。効果を上げる手段としてある程度ユーザーを絞ってそのユーザーに向けて広告を発信していく方が費用対効果を考えれば最適な方法とされます。例えばテレビになれば40代前後の女性がターゲットなのにテレビを見る年代が30代後半~の消費者が多いので非効果的です。しかしインターネットの場合検索のキーワードで訪れるターゲットを絞ることができるというメリットがあります。ちなみにこのデータはデモグラフィックデータと呼ばれる消費者の属性データです。具体的に年齢や性別や所得や職業などがこれにあたります。またこのジャンルは薬事法に触れないようにすることが重要で引っかかったら掲載できないので慎重に検討することが最大のポイントです。