ファーストビューを引き付けるランディングページ作成

ランディングページを作るうえでは、ファーストビューでどれだけ注目してもらえるかは重要です。ファーストビューで興味がなければランディングページを見てもらうことはできません。また、これは人によっては数秒での判断となりますから、確実に短い時間でも引き付けることができなくてはならないでしょう。なるべくファーストビューで見た人の心を引き付けるために、ランディングページはいくつかのテクニックを必要としています。

まずは、最初の導入部分で注目してもらうために、文章の流れとしてはきっかけを提示したり、商品を購入するとこんな変化がある、といったことを伝えます。いずれも、それに関心がある人を取り込みやすいので、即効性があるテクニックです。もちろん、それだけでは良くなくて、より商品に興味を持ってもらうために、また信頼してもらうために、根拠や理由を提示していきます。データによる分析結果があればそれを示したり、アンケート結果や利用者の声、などもあれば、実際に購入すれば効果がある、と思ってもらうことができます。それがないと、ただ大々的な効果を宣伝したいるだけの誇大広告に見えてしまいますから、この根拠や理由を濃い目に示すことはとても重要になります。この辺については、大手企業のランディングページを見ると、とてもわかりやすいつくりになっているため、参考にすると良いでしょう。うさん臭さが全く感じられない自然な流れになっていることが理解できるはずです。

そして、ランディングページは直接の購入を呼び掛ける物ですから、最終的には、今購入するとお得である、という宣伝と組み合わせても効果があります。これならば、今買わなくてはという気持ちにさせることができるからです。そのため、通販サイトなどでは、キャンペーン価格を取り入れて、初回に限り大幅な割引をして販売しているケースが多いです。実際に一度活用してもらえれば商品について体感してもらうことができますから、次回以降も使ってもらうことができる可能性が高まります。そのため、初めに利用してもらうことがとにかく大事なので、ランディングページで囲い込みを行うわけです。利用の仕方で、以上のように直接の購入に働きかけるメリットがあります。ウェブマーケティングでは、最も活用される手法の一つでもあります。個人でも活用することはできますし、制作を代行する会社やサービスもありますので、適宜活用をおすすめします。