ランディングページはフレームワークにも注意すべし

ランディングページを作る時にはフレームワークにも注意して作る必要があります。まず考えることは出来るだけ見やすいフレームワークにすることです。健康食品のHPと作成事例を一つ考えてみましょう。健康食品も数が多いとどうしてもフレームを増やして多くの商品を紹介したくなるところです。ですが、あまりにも多くの商品をランディングページで全部紹介してしまうと、ごっちゃになって見栄えが悪くなってしまいます。それではランディングページとして良くありません。

ランディングページは見やすいようにするべきですから、多くの商品があるような場合はまとめて一つのフレームの中に入れてしまってもいいでしょう。そして、全景で一つのメインフレームとして使用するわけです。後は二つか三つのフレームで主張したいところを強調したイメージのイラストなどを付けるというのも効果的です。健康食品を気持ちよく美味しそうに飲んでいるようなイラストを付けるのもいいかもしれません。これで美味しく飲めますよということをイメージしてもらうわけです。

細かい成分や商品の情報はランディングページには記載しないでもいいでしょう。とにかくランディングページでは興味を持ってもらうことを最優先に考えるべきです。このページで全てを知ってもらうというようなことを考える必要はありません。よくあるランディングページの失敗事例としては、詰め込んでしまいすぎになっているというものがあります。あまりにも伝えたい情報が多いので、これをページの中に入れすぎているというケースです。

伝えたいことがあるからサイトを作成して情報を掲載しているわけですから、当然多くの情報を記載したいということはわかりますが、それは興味を持った人に伝えるというように考えるといいでしょう。興味を持った人はサイトの中に入ってきてくれますから、そこで細かい情報を得られるようにします。一つのページで得られる情報というのは限られているわけですから、そこになんでもかんでも詰め込んでしまうのはよくありません。特に健康食品のように成分も伝えたい、効能についても伝えたい、飲みやすさ、味などについても伝えたいとなると、あまりにも伝えたいことが多くて何を省けばいいのかということに悩んだりもするかもしれません。そういうときにはイメージの絵だけをランディングページに掲載するということも出来ます。絵や写真は多くの情報を簡単に伝える時には適した方法です。