不動産をターゲットとしたランディングページの特徴

不動産には競合他社が多く、そのランディングページの構成も様々です。賃貸物件か、マンション販売かによっても訴求ポイントは違います。いずれにせよ、住居としてセグメントが選択する対象ですから、高品質なホームページと作成技術が求められます。不動産会社のランディングページには、いかに少ないスペースに多くの情報を盛り込んでいくかが求められます。また、ブランドキーワードとして社名を検索するセグメントは少ないと考えられます。マンション販売、賃貸物件などの一般フリーワード検索が多く、その中でいかにブランドキーワードをうまく訴求していくかが重要です。そのためには、わかりやすく、しかもデザインを工夫、他にはない特徴があるランディングページを作成できれば、やがてフリーワードはブランドキーワードになり、セグメントがそのページをブックマークするようにまでなれば、大成功と言えます。

元々不動産物件は、高いコンバージョン率が期待できます。住居を一度決めたら、いくつかの選択肢から、セグメントがはっきりと選んでいく物件は決まっていき、候補も何件かに選定されます。そこでセグメントが不動産会社に対してアクションを起こし、電話やメールの問合わせが行われれば利益につながる可能性が高いわけです。

どのランディングページでも、大抵エリア別に検索できるようになっています。また、フリーワード検索ができるランディングページもあります。その中で他のLPと差別化するためには、人気ワード、キーワードで検索できるシステムが用意されているLPがあります。その中でもピックアップ物件が写真付きで掲載されているものや、不動産探しについてのトピックスを記事にして出しているという工夫は見ているセグメントには訴求力があります。デザイナーズ物件は若い人には人気があり、LPのトップにそういった物件の写真を掲載することも効果的です。最近の物件は、様々な魅力を持っていて、それがセグメントにうまく伝わればより効果的です。入居する際、端数の日数を切り捨てて家賃を払わなくてもよいフリーレント、敷金礼金ゼロの物件はどのセグメントにも魅力があります。

多くの物件情報にかかわる不動産産業のランディングページは、独自のアプリを持っていることは多いです。アプリを通じて物件選びをすることは、そのブランドだけにセグメントが注目することにつながります。

この分野は必ず物件が入れ替わります。更新し続けるランディングページ業務に広告業界は大きな関心を寄せています。