ランディングページの効果的な運用に欠かせないヒートマップ

これからランディングページ作成に取り組もうとお考えの企業の担当者さんや、もうすでにランディングページを運用中の方にとってもアクセス解析は欠かすことができないかと思います。インターネット関連の世界は、日々進化しており、アクセス解析に関しても例外ではありません。そこで今回は、数あるアクセス改正の手法の中からヒートマップと呼ばれるツールの特徴やそのメリットななどを中心にお伝えしていきたいと思います。

ヒートマップという言葉を聞いてもピンとこない方も多いかと思いますので、まずは簡単にこのツールとはどのようなものかについて説明します。ヒートマップとは、データを可視化するために開発されたツールで、行列型の数字データの強弱を色で視覚化することができるため、見た目にアクセス状況などを判断することができます。アクセス解析の場面では、アクセス者のマウスの動きを追跡し、ヒートマップが出来上がります。つまり、アクセス者のホームページ上での動きを管理することができるため、どのコンテンツに興味を示したのかが非常にわかりやすくなります。ランディングぺージとの相性もよく、ヒートマップを有効に活用することができれば、アクセス者が興味のあるコンテンツの充実度を高めることも可能になるため、より価値のあるサイト作成をすることもできるようになります。また、このツールはパソコンはもちろんのことスマホやタブレットからのアクセスにも対応できるものになっています。

ランディングページの活躍シーンを考えると、ランディングページは、商品やサービスの販売サイトとして活用されるケースも多いのですが、ランディングページとヒートマップを組み合わせ、効果的な通販サイト運営を行っているケースは珍しくありません。実際の運用のことを考えると、経験豊富な業者に委託することが一般的ですが、運用をスタートするにあたって、通販のホームページの費用(作成費や維持管理費など)は業者ごとに異なるため、具体的な検討をする際には複数の業者のお見積をとることをおすすめします。業者の選択については、価格だけではなく、どれだけの実績があるかも必ずチェックしてほしいところです。ランディングページの運営に成功するためには、的確なツールを使用しアクセス解析のデータを活かすことはいまや常識になっているほどです。今回の記事が納得のゆく業者選びの参考になれば幸いです。