ランディングページの比較をすることで特徴が見える

ランディングページは、そのページからの商品やサービスに対する直接の注文や問い合わせを期待するために作られる物です。広告リンクをクリック元として、共通の1枚のページに着地するようになっています。ページ内にはリンクは貼らないのが一般的です。それは、クリックをしてもらえないといけないとなれば、大半の人がクリックをしないという特性上、ダイレクトなアクションに期待することができないからです。また、リスティング広告を基にしてたどり着いてきた人などは、その商品やサービスに多少なりとも興味を持っている人ですから、割とインパクト重視で作られる傾向にあります。例えば、目立つ文字を利用したり、写真を活用したりします。商品の場合ならば、商品の解説を写真を利用して行うなど、見やすい配慮がなされます。

ランディングページは、webマーケティングの世界では流行しています。誰しも一度は見たことがあるはずです。今話題のホームページと制作事例について知りたい場合は、検索をすれば情報を集めることができます。ランディングページ集という形で、実際のページのリンクを集めているサイトもあります。これは、活用すれば実際のランディングページを比較することができるので、特徴を見ることができます。一つのページだけを見ているのでは、それが他とどういった違いがあるのか、共通点があるのかがわかりませんが、比較をすることで相対化可能になり、特徴を知ることができます。これは、勉強になりますから、勉強をするなら実際のページの比較は重要です。

ランディングページは、直接の結果を求めるために作られるページですから、消費者目線で制作することが重要です。消費者は、少しでも不安があれば、商品やサービスを購入することを控える傾向にあります。そこで、サイト運営者の側としては、不安を感じさせないよう、納得してもらえるように、ランディングページで誘導していきます。そのため、単純に見た目だけを派手にして中身のないサイトは、あまりよろしくありません。もちろん、形も重要ではありますが、それは中身があってこそです。信用を取るためには、商品やサービスの特徴を述べるだけではなく、証拠も提示する必要があります。例えば、使った後のデータを示して、他とは異なることを強調したり、利用者がどういった評価をしているのかを示したりします。そうすれば、ただ買ってくださいアピールをするよりも、消費者が選んでくれやすくなります。