ランディングページのファーストビューのサイズでアクセス数が決まる

通販サイトなどでは様々な形でランディングページを構成することが一般的になっています。より多くのアクセスを獲得するためにSEO対策とともにランディングページの構築は非常に重要な要素となっていますが、そのデザインによっては全く効果が上がらないケースも少なくありません。特にホームページの内容を説明しようとするあまり内容が充実しすぎる場合や、逆にデザイン面だけに注力しその内容が全く伝わらない場合などは顧客の興味を引くことができずにホームページへのアクセスにつながらないケースも非常に多いのです。

ランディングページの目的は一目でサイトの内容を顧客に伝えるとともに、サイトに対しての興味を引きつけホームページにアクセスさせることであるため、過度に内容を充実させたり、逆にシンプルすぎる場合にはランディングページとしての意味をなさなくなってしまうことが多いのです。そのため、その内容とデザインには十分な注意が必要です。

ランディングページにおいて最も重要なのは、ファーストビューにおいてしっかりと顧客の興味を引きつけることです。ファーストビューとはページを開いた際に一番はじめに目に入る部分で、ホームページのデザインでは上の部分に当たりますが、この部分でしっかりとホームページの内容を端的に伝え、また興味をひきつけるような内容にすることが重要です。同時に、この部分では内容をシンプルにし、ページの下部のほうに読み進めたくなる様な内容を盛り込むことも非常に重要で、ページ全体を閲覧させ最後にホームページやサイトへのリンクを表示する形が最も一般的となっています。

単にホームページやサイトに誘導するだけであればファーストビューにリンクを表示すると言う方法もありますが、この場合にはページ全体を閲覧する前にリンクをしてしまうことになり、内容を充分理解しないまま移動してしまうと言う恐怖感を利用者に与えてしまう危険性があるためあまり利用されていないものです。ランディングページに記載されている内容を全て確認した後サイトにリンクすることで、利用者は自分で納得してサイトに移動したと言う満足感を得ることができるため、ページ全体のサイズを小さくしながら、ページ全体をチェックさせる方法が支流になっています。

さらにキャッチコピーとしてランディングページの内容を考えることで、非常にインパクトのあるページを作ることも可能になり、サイズ的にもコンパクトなものとなるため、この手法もよく利用されています。効果的なランディングページを考える場合には、化粧品のHPと相場に対してどのような方式が利用されているかをチェックすると、より効果的なデザインが可能となるため、参考にしたいものです。