ランディングページで必要なポイント

ランディングページに必要とされる基本的な点としてネット広告とランディングページが直結してリンクしていることです。本(EC)サイトにリンクの場合と専用のページにリンクするとではコンバージョン率は劇的に違います。その理由としていわゆる広告の商品に期待してリンクに行った場合ECサイトにリンクしているとそこで新たにどこにその商品があるかを探さねばならなくなるためです。よって商品の専用サイトにリンクが飛ばないなら大概諦めるパターンとなり折角クリックされたのに非常にもったいない結果に終わります。また広告にしても商品のわかりやすさはとても必要なポイントです。基本的にネット広告はユーザーの求めることを肝にしなければなりません。しかしごちゃごちゃした広告では何の広告かわからないのでランディングページへ行ってみようという結果に繋がらないからです。一目見たら理解できるくらいわかりやすくシンプルである点です。もちろん欲しがるユーザーがいる商品であることが前提です。

化粧品のホームページと改善のポイントとしてリスティング広告を使用する場合改善ポイントが多々あります。まず審査に通らなければ話になりません。一般的にリスティング広告はピンポイントな広告が出る仕組みになっています。よってユーザーがキーワードに沿ったリスティング広告に興味を示すようにするのがコツです。クリックしたらキーワードに直結するランディングページに行く作りであるのが審査を通る常套手段の一つです。誇大広告も厳禁で「絶対」「最高」と行った最上位表現とされる単語は使用すると審査に落ちてしまうことで有名です。また文章の取り扱いも重要で広告すべき商品と無関係な文や記号の重複も審査に落ちる点です。これは普通のネット広告がECページにリンクしてしまうのと同様の理由です。

また取り扱いが化粧品であるためサプリメントや健康食品と同じジャンルであることがさらにネックとなっています。それらは非常に最大の難関なジャンルです。理由として広告もランディングページも薬事法や審査に通る作りにしなければならないからです。そのため一般的ページよりも変更手直しが多数あり非常に手間がかかることが挙げられます。誇大広告どころかランディングページに化粧品の体験談や使用前使用後といった画像を掲載したりメジャーな芸能人が使っていると言ったところも審査が落ちる理由になってしまいます。